2020-08-02

HGUCシャア専用ザクⅡをミキシング(HGUC032とHGUC234)レビュー(備忘録)

随分投稿をしてませんでしたが、久々にガンプラを発売日に購入したので。

といってもそのまま素直に作らず、いきなり新旧のHGUCシャアザクをミキシングしてみたら、思いのほかいい感じに仕上がったので、いずれ出るだろう量産型の時のための備忘録として。

というわけでHGUCのナンバリング234として発売されたリバイブ版(?) MS-06S シャア専用ザクⅡです。

そもそも、HG032版は悪くないけど、肩を少し上げて、股関節を少し下げたらもっとかっこよくなりそうだなぁ、と思っていたものの、結構な工作になりそうなのでそのまま放置していました。
で、春先に新しいHGシャア専用ザクⅡが出るということでCGが公開された時、個人的な好みからすると惜しいなぁ、という感じでした。


旧HGは腰回りが特に秀逸だなぁ。
これに新しいHGの手足を移殖したらさらにかっこよくなりそう。


というわけで、画像上でシミュレート。
うむ、なかなかいい感じ。ちょっとver. A.N.I.M.E.っぽくない?
って比べたら全然ちがったのですが…


というわけで、発売日に032旧HGUC版と234リバイブ版を買って、032版胴体に234版手足を移殖しました。


以下備忘録。

股関節は胴体側のボールジョイントと同径くらいのポリキャップを挟み込みました。


腕は、234版を。ただしシールドは穴が開いているのが気にいらないので、032版に適当なポリキャップを仕込み、ランナーの切れ端で接続。ピンク色の違いはまったく気にならないレベル。


肩関節は後ろ側を少し切り欠いて、胸を張れるようにしました。
脇をきっちりしめれるように、腕側の穴を3.2mmに拡大しました。



ランドセルは234版を。中身に2mmほどの穴を二つあけて、032版に接続できるようにしました。パイプのおさえ(?)の耳みたいな部分はカット。


パイプは前側をカット。差し込みだけで充分固定できます。


というわけで、完成。頭も234版です。







胴体のプレーンな感じがなかなかいいかんじ。


032版と比較。
左が032版、右がミキシング版。
足が長くなって頭が小さくなったので高さはほぼ一緒。


ver. A.N.I.M.E.と比較。
やっぱよくできてんなぁ、ver. A.N.I.M.E.



ついでに当初計画の032版の頭をつけてみる。
少し大きく見える。ゼータザクって感じ。やっぱり234版に。


032版に234版の頭をつけたらやたらと腰回りがどっしり見えるww



それにしても、ほとんど加工無しでこんなにすんなりミキシングできるとは思わなかったwww
234版は胴体をまったく作っていないので、どれくらい可動がすごいのかは未確認w



早く量産型出ないかなぁ

0 件のコメント: