2011/11/23

模型製作をサボってるのは…

急にこんなんを作ってみたくなって…


ランボルギーニ ミウラです。SDなら簡単かと。この車種選定の理由は、データ流用でイオタもいけるのでは、という安易な考えです。

しかしこれを作っていて、あらためてチョロQのデザインのすごさを思い知らされました。SDとバカにしていたけど、デザインセンスがもろにでるので、リアルタイプより難しい…。


というわけでおおまかにできてきましたが、また説明書で挫折するかもwww

じつは例の軽トラも一応データ出来てるんですが、説明書作成をサボって早3年…

2011/11/18

模型製作をサボってる…

サボっている、というわけでもないんだけど、すっかり模型製作を中断している。

10月末に職場の試験があって、受かる気もしないけど勉強もしないで模型製作しているのも不謹慎だろう、ということで、しばらくガマンしていたわけだが、そのまま寒くて、暖房器具を出さないと過ごせないなぁ、と思っているうちにズルズルと1月以上経過。

ふと思ったんだけど、2畳もない部屋を締め切ってファンヒーターかけながら塗装する、というのはやはりヤバイのだろうか。爆発したりするのかなぁ。やはりファンヒーターの背中くらいは部屋の外にして新鮮な空気を導入しないといけないんだろうなぁ。寒い冬はおっくうになりそうだなぁ。

とはいえ、とりあえずファンヒーターに灯油をいれよう。メインパソコンもそこにあるわけだし…

2011/11/03

金魚水槽のリセット

うちには熱帯魚の60cm水槽と金魚の30cmキューブがあるのですが、どちらもコケだらけになり2年近く放置状態です。(特に熱帯魚水槽のほうがヒドい…)

もう、手をかけるつもりもないくらいの気分だったのですが、先日ふとググってみると、大磯砂+底面吹き上げが良さげらしい。初めて熱帯魚を飼ったときは、オールインになっていたセットでエアポンプ利用の底面吸い込みだったから、けっこう上手く飼えてたのかなぁ、なんていまさら思えてきた。

ただ、30cmキューブに小赤が7匹も入っているから少し濾過能力が高いほうがいいので、テトラの簡易外部フィルターでも購入しようと思ったら、エーハイムから「アクアコンパクト2004」なるものが新発売になっているじゃあないか。というわけで、購入決定。


底面フィルターはコトブキボトムインフィルター450、底床は大磯砂を使用。
アクアコンパクトと直結できるか少し心配でしたが、エーハイム500の時あまっていたパイプを利用したら接続できました。


ポンプとの接続は、付属のスリーブとエルボーを、短く切断した500のパイプでつなぎました。


ボトムインフィルターのパイプ細には、エーハイムのパイプがそのまま入りました。


水槽にセットしました。


コケとりで水槽を1時間磨いていました…。
大磯は10kg買っていましたが5kg使用。


いよいよ水をいれて始動!
直結しているパイプの中で水が流れているのがわかります。



2004がつまっていないので底から水が吹き上がっていると思いますが、
放り込んだモスもエサも普通に沈んでいきます。こんなんでよいんかなぁ。

と書いていて思い出した。フィルターの上に水流調整ダイヤルがついているんだった。あとで変えてみよう。
どれくらいがいいんだろう。
あんまりバンバン吹き出してたら魚もストレス溜まるだろうしなぁ…



今度こそコケませんように。


2011/11/04:一日経過して。

水量は75%程度に調整して様子見中。
消灯してしばらくしてから確認したら、金魚たちは底で睡眠中。
特に流れが強い感じはなさそう。もっと強くしたほうが良いんかなぁ…