2009/06/12

ぺんてる グラフ1000


今日、長い間愛用していたシャープペンシルが壊れてしまいました。


ぺんてる グラフ1000 0.5mm。


当時中学生だったボクが通っていた塾の先生が、ある日見せてくれたシャープペンが、このグラフ1000でした。ずっしりと重く、それまで使っていたシャープペンとは明らかに違うオーラをもっていました。


黒いボディ。

メタル製のペン先。

「FOR PRO」のプリント。


なんでも製図用のシャープペンで、値段もなんと1,000円!
中学生だったボクには1,000円といえば、働いている今のボクの10,000円くらいの衝撃でした。

ほどなく先生と「高校に合格したら買ってやる」との約束をとりつけ、実際、高校合格時に本当に買ってもらいました。


それから、今日まで。

あまり勉強しなかったけど、ずっとお気に入りで使用してきました。持ち手のところは塗装が剥げ、キャップの芯硬度表示部もスカスカになっているけど、非常に使いやすく、ずっと使用してましたが、ペン先を固定している本体(ABS樹脂製)のネジ部が根元から折れてしまい、どうしても使用することが出来なくなってしまいました。

考えてみると20年近く経っているのですね。
壊れることを考えていなかったので、余計に残念で、寂しさを感じます。



調べてみると、1986年に発売されて以来、まだ生産しているようです。
今度は自分で購入して、2代目として、こんどは30年くらい使いたいですね。


長い間、ありがとう。